無料資料請求 0120-5048-26
公式youtubeチャンネル Facebookページ

難関突破! 合格者の喜びの声

毎春、難関中学・高校・大学(医学部を含む)に合格した生徒の皆さんからたくさんの喜びの声をいただきます。このページでは、掲載許可を頂いたごく一部のご家庭からの合格体験談をご紹介します。

中学受験生の合格体験談

合格

苦しかった算数が楽しくなり、憧れだった灘中に合格できました!

神戸市東灘区 A・Z君

合  格
灘中
受講科目
算数

僕の家が灘中から近く、近所のお兄さんが灘中に行っていたことから、小学生の低学年の頃から何となく灘中に対してあこがれを持っていました。その灘中に行きたいと思い3年から塾に通い始めました。4年までは公開テストでも常に上位をキープできており、灘中にも受かるだろうと気軽に思っていました。

しかし5年から算数の偏差値がどんどん下がってきて、ついには60を切り、焦ってきていました。そこで週に一度算数のフォローで家庭教師のS先生に来てもらうことにしました。塾以外にさらに家庭教師までつけて、苦しくなるのかと思ったら、逆にS先生の言われた問題だけをやっていくことで楽になり、先生の教え方もわかりやすく、また算数の成績が目に見えて上がってきました

S先生は算数を教えてくれるだけでなく、受験に向けての心構えや気持ちの持ち方なども話をしてくれ、入試当日はリラックスした気持ちで向かうことができました。その結果合格。ほんとにあこがれの灘中に入学できました。S先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

合格

どうしても点が取れなかった国語の長文問題をたった3ヶ月で克服

大阪市天王寺区 Y・Bさん

合  格
四天王寺中
受講科目
国語

私はカリキュラムテストでも実力テストでも算数と理科はある程度安定して点数が取れていたのですが、どうしても長文読解が苦手で国語の点数だけは全く安定せず、国語がよければ席次も上がるのですが、国語がダメだと席次も下がるという国語次第のような成績でした。

このままだと本番の入試でも国語のでき次第になるのが目に見えていたので、国語だけ母が総合進学セミナーに家庭教師をお願いしてくれました。1週間後からN先生に来てもらいましたが、始めは家庭教師を付けたからと言って成績がほんとに伸びるのか半信半疑でした。しかし結果は3ヶ月で目に見えて表れました。実力テストや合格判定テストで偏差値が安定して60を超えるようになりました。結果が出てくると自信もついてきて、模試でどんな長文問題が出てもこわくなくなりました

N先生は「国語は先天的に高得点を取る生徒もいますが、後天的に点数を取る能力を付けることも十分に可能ですよ」と言ってくれていました。私がそうだったように、もし記述など読解問題が苦手な人がいれば、信頼できる先生に是非正しい読み方、答え方を教えてもらうことをお勧めします。

合格

小6になるまで安定しなかった偏差値が、夏には安定して60を超えるようになりました

兵庫県芦屋市 N・O君

合  格
甲陽学院中
受講科目
国語

小学3年の終わりから塾に通っていましたが、小6になるまで国語の点数だけが全く安定しませんでした。良ければ偏差値65を超えることもあるのですが、悪いときは50位しかありませんでした。どうしても長文の解き方がわからず、時間をかけてしまい、見直しの時間がないまま終了となることばかりで、自分の中でも国語に対して苦手意識がありました。

そんな時、総合進学セミナーの広告を見て、ラスト1年お願いすることにしました。先生から物語文・説明文それぞれの読み方や、線を引きながら読む方法などを教わりました。はじめは違和感がありうまくできませんでしたが、先生が根気よく細かく指摘してくださったので、小6の夏頃の合否判定テストからは偏差値60を下回ることもなくなり、いつの間にか苦手意識もなくなってきました。そのおかげで、入試当日も自信を持って受験することができ、算数や理科よりも逆に国語の方ができたと思えるほどでした。結果は合格。国語の克服が大きかったです。

合格

先生に言われた課題をこなしていくうちにいつの間にか力がつき、東大寺学園に合格

奈良県生駒市 M・M君

合  格
東大寺学園中
受講科目
算数

僕は、東大寺じゃないとという気はなかったのですが、一緒に通塾していた元々同じレベルくらいだった友達が、塾に家庭教師まで付けて頑張っており、目に見えて成績を上げていました。何となく置いて行かれるような気になり、僕も家庭教師を付けて欲しいと母に頼みました。始めに先生に言われたのは「今でよかった」という言葉でした。もう1ヶ月でも遅かったら手遅れになるところだったそうです。

家庭教師の先生が来てくれた時は、今まで塾の宿題に追われて出来ていなかったテストの間違い直しとその類題に時間を費やした気がします。先生を信頼して、先生の言われたことには真面目に取り組みました。そのおかげで公開テストの成績が急上昇しました。

自分としては、あまり特別難しい事をしている気持ちはなかったのですが、先生の言う課題をこなしていくうちに知らない間に力がついたようでした。おかげで一緒に通塾していた友達とそろって東大寺学園に合格。もし家庭教師の先生に出会えてなかったら、絶対この結果にはなっていなかったと思います。

合格

塾での疑問点は、家庭教師の先生の授業で解消。憧れの洛南高附属中に無理なく合格できました

京都市 R・Kさん

合  格
洛南高等学校附属中
受講科目
算数・国語

京都に住んでいる私にとって洛南高附属中はあこがれの中学でした。 小5の夏休みに母から「本気で洛南に行きたいの?それなら今のままでは無理なのわかってる?」と言われました。自分でも今のままでは難しいと思っていたけど、どうしていいかわからないと思っていました。

そこで朝日小学生新聞に載っていた総合進学セミナーで家庭教師の先生に来てもらうことにしました。国語のS先生と算数のY先生に来てもらい、塾のない日は家庭教師というような生活が始まりました。

すごく大変になるに違いないと覚悟していましたが、いざやってみると塾での疑問点を家庭教師の先生との授業で解消していき、宿題も以前よりも早く片付くようになりました。また、先生は二人とも洛南の事だけでなく、私が通っていた塾にも詳しく、無理の無いように授業を進めてくだいました。

受験が近づくにつれて、不安と緊張感がわいてきましたが、先生達に精神的にもフォローしてもらって気持ちが楽になりました。試験の前日も先生からお電話をいただき、当日は思ったよりリラックスして試験を受けることが出来ました。この合格は、この二人の素晴らしい先生がたのおかげです。

合格

効率的な勉強法で受験とサッカーを両立

大阪市北区 I・U君

合  格
大阪星光学院中
受講科目
国語

僕はサッカーが好きで、小学1年の頃からサッカーチームに入って毎週土日は練習をしたり、試合に行ったりしていました。
兄の影響もあって大阪星光学院に入学したいと思っていたので、中学を受験しないチームの友達よりずっとたくさん勉強しなければならないのはわかっていましたが、勉強のためにサッカーを犠牲にするのがどうしてもいやでした。塾の試験や日曜特訓などを受ければ、サッカーの試合に出られなかったり、練習が出来なくなってしまいます。 そこで、日曜特訓の代わりに家庭教師のT先生に来てもらうことにしました。

周りの星光を受験する友達はみんな日曜も塾に行って特訓授業を受けていたので、始めはちょっと内心あせっていましたが、意外にも公開テストでの順位は僕の方が上がってきました。

T先生は、大阪星光学院のことをよく知っていました。今どんな勉強をするべきか、どこを補強するべきかなど、僕だけのカリキュラムを作ってくれました。そして、僕の弱点を的確に見抜いてくれて、今考えるとほんとに無駄のない効率的な勉強ができました。おかげでサッカーを続けながらも、大阪星光学院に合格出来ました。

こんな自分を合格に導いてくれたT先生を尊敬します。

合格

偏差値50からの逆転!夢のまた夢だった西大和学園に合格

大阪市中央区 T・F君

合  格
西大和学園中
受講科目
算数・理科

僕が日能研に通うようになったのは、2歳上の兄の影響でした。兄は実力テストでも常に偏差値65を切らない成績で、最難関のN中に合格しました。それからというもの、何かにつけて兄と比較されるようになり、もともと実力テストで偏差値50位の自分も入試に対して真剣に取り組むようになりました。

気持ちは兄に負けたくないと焦るのですが成績につながらず、母と相談して、総合進学セミナーの先生に算数と理科で家庭教師をお願いすることにしました。家庭教師のK先生は、今まで時間がなく手が付けられなかった模試の間違い直しに時間を掛け、そのおかげで苦手と思っていた単元が減っていき、気持ちに余裕ができてきました

K先生は西大和学園入試にもに詳しく、僕の学力に合わせた無理のない学習計画を立ててくれました。塾の宿題を時間を掛けてやっていた時よりも効率的に勉強でき、みるみる成績が上がり、夢のまた夢と思っていた西大和学園に合格できました。

塾だけのままでK先生に出会えなかったら絶対合格できませんでした。K先生、ありがとうございました。

合格

入試の出題傾向を踏まえた演習をたくさんこなして、目標だった父の母校に合格

京都市中京区 E・U君

合  格
洛星
受講科目
算数・理科

僕の父が洛星中・高出身ということもあり、自分も父と同じ学校に行きたいと思っていました。洛星は国語の長文問題が長く、手こずる人が多いと聞いていましたが、僕は比較的長文が得意で国語は心配していませんでした。

反対に算数と理科は苦手でしたが、それでも小学4年、5年の間は塾でも順調で、つまずいた時だけ少し父に教えてもらうような感じで十分やっていけました。ところが、小6に入ると難しいところが増え、今までのやり方では追いつかなくなってきました。父に質問しようと思っても、仕事で帰ってくるのが遅い時もあり、いつでも見てもらえるわけではありません。結局、質問する時間がなく納得できないまま翌週の授業に入ることが増えました。分からないまま次のことを勉強してもますますわかりません。当然、成績も伸び悩んできました。「このままではヤバイ」と思い、父に頼んで家庭教師をお願いすることにしました。

週に2回、算数と理科をM先生に見てもらいました。M先生は洛星中高出身で、家庭教師でも長年洛星中受験生を見ていた先生ということで、ものすごく頼りになる先生でした。洛星では僕の苦手な速さと図形の難問が出題される傾向があったので、先生にみっちり教えてもらいました。また理科の計算問題も自信を持って入試に臨め、合格出来ました。

父の後輩になることができて、本当にうれしかったです。でも、父には申し訳ないのですが、教え方はM先生の方がずっと上手でわかりやすかったです。

合格

受験生の皆さん、計算用紙の使い方から見直してみてはいかがでしょうか

神戸市東灘区 H・Y君

合  格
六甲中
受講科目
算数・理科

塾に行き始めた小学4年の時から、父の勧めもあり六甲中を志望していました。4年の頃は六甲中のレベルなど気にせず、何となく頑張れば行けるのかなと軽く考えていました。もともと成績は安定していませんでしたが、悪くても偏差値55を下回ることはありませんでした。

ところが、小5の2月の公開テストで算数は偏差値52、理科は53と、今までで最低の結果になってしまいました。さすがに焦りました。このままでは六甲中なんてとてもじゃないけど受からないと思い、週に2日は家庭教師の先生に来てもらうことになりました。

初回の算数のT先生の授業の時に、笑いながら「Hくん、問題の解き方も計算用紙の使い方も雑やなあ」と言われたのが印象的でした。T先生に始めに教わったことは計算用紙の使い方でした。本当です。でも、そのおかげで試験でのケアレスミスは減りました。また、苦手分野なのに解ったふりをして通り過ぎてきたところも先生にはすぐに見透かされて、毎回類題を用意して下さり、演習を繰り返すことで苦手意識がなくなりました

T先生からも言われたことですが、入試ではケアレスミスの1点2点が命取りになります。受験生の皆さん、計算用紙の使い方から見直してみてはいかがでしょうか。

合格

私の弱点や不安をすぐに見抜いてくれたA先生はお姉さんのような存在

神戸市灘区 Y・Aさん

合  格
神戸女学院中
受講科目
算数・理科

小4から浜学園に通っており、ずっとSクラスの上位を保っていました。特に苦手科目もなく国語は得意でした。しかし6年に入ったばかりの合否判定試験で一気に成績が下がり、焦っていました。母も心配してくれ、新聞で見た総合進学セミナーで家庭教師をお願いすることにしました。

家庭教師は初めてでしたので、初回は少し緊張しましたが、来てくれたA先生は話しやすく、過去の模試の結果を見て、私の弱点や抱いていた不安をすぐに見抜いてくれました。それがすごく嬉しくて、今まで塾では聞けなかったちょっとした疑問もA先生には聞くことが出来、不安が解消されていきました。それにともない成績も元に戻り、合否判定も公開テストも以前よりも更にいい成績が取れるようになりました。

入試当日はA先生のおかげで自信を持って試験に臨むことが出来、みごと合格。A先生は私にとって頼りになるお姉さんのような存在でした。

合格

病気で休まざるを得なかった3ヶ月間のブランクも、先生たちのおかげですぐ取り戻せました

兵庫県姫路市 E・Bさん

合  格
白陵中
受講科目
算数・理科・国語

家が姫路ということもあり、親からもレベルも高く通いやすい白陵をずっと勧められていました。私も何度も聞いている内に白陵に行きたいと強く思うようになりました。ずっと浜学園の姫路教室で上位クラスで順調にきていましたが、小5の夏休みに病気にかかり3ヶ月間入院することになりました。その間、塾にも行けず気持ちばかり焦っていました。

3ヶ月後退院は出来たものの、塾での授業も3ヶ月の穴を埋めることが出来ず、母が総合進学セミナーに家庭教師をお願いしてくれました。算数と理科をS先生、国語はT先生に来ていただき、入院で抜けた穴を埋めてもらうのと白陵対策をしてもらいました。S先生もT先生も「まだ、十分間に合うよ」と言って励ましてくれ、私も早く遅れを取り戻したいと思い、先生を信じて先生の出される課題をひたすら解いて、間違い直しをして、また演習してを繰り返していました。気が付くと3ヶ月の穴はあっという間に埋めることが出来ていました

S先生もT先生もこんな早く3ヶ月分追いつけるとはと驚いてくれました。その後も二人の先生に入試まで見ていただきました。結果は合格。これも浜学園、白陵を知り尽した二人の先生のおかげです。本当に感謝しています。

合格

無駄のない効率的な勉強で、塾の授業に無理なくついていけるようになりました

大阪府堺市 H・F君

合  格
清風南海中
受講科目
算数

小学4年の夏から友達が行っていた能開センターという塾に通っていました。小学5年の年末くらいには、周りの友達の影響もあり中学受験を真剣に考えるようになりました。公開テストや実力テストの結果など見て、清風南海中を第一志望にしました。

しかし、そのころから成績が伸びなくなり、宿題に追われるだけの生活になっていました。この様子を見た母が総合進学セミナーに電話してくれて、家庭教師の先生をお願いすることにしました。来てくれたのは30歳くらいのF先生。初めて来てもらった日、先生に「能開センターは宿題多いやろ、全部完璧に出来てる?」に聞かれたので、「完璧にはちょっと・・・」と答えました。すると、笑いながら「そうやろな」と意外な一言でした。塾の宿題は絶対やらなければならないと思い込んでいたし、宿題だけでアップアップしている自分を少し恥ずかしいと感じていたので、先生の一言に拍子抜けしながら少しほっとしました。

先生は宿題を見て、絶対やらなくてはいけない問題、余裕があればやる問題、しなくていい問題に分けてくれました。そのおかげで宿題が減り、空いた時間で模試の間違い直しやF先生自前の清風南海対策問題をすることが出来ました。これがほんとに入試に役立ちました。おかげで入試まで無駄のない効率的な勉強ができ、合格できました。F先生、ありがとうございました。

合格

塾の復習テストでぜんぜん点が取れなかった不真面目な僕でも、授業が楽しくて引き込まれました

大阪市中央区 T・F君

合  格
関西大学第一中
受講科目
算数

小4の頃から大手進学塾に通っていましたが、宿題も真面目にやらず、復習テストでも点数が取れず、クラスも一番下のクラスまで落ちていました。母に「塾に行ってる意味が無い」と言われ、この大手塾を辞め近所の個人塾に行き始めました。その頃、友達のお兄さんが関大一中に合格し電車で通学している姿を見かけ、その姿がかっこよく見えて自分も関大一中に行きたいと真剣に考えるようになりました。

ただ、大手塾に再度戻るのはイヤで親に相談したところ、総合進学セミナーに家庭教師をお願いしてくれました。来てくれた算数のY先生は絵がとても上手でした。先生の絵付きの解説はとても面白くて、自然に引き込まれていく感じでした。また、理解の悪い僕にも分かり易くて、何度同じ所を質問してもイヤな顔をせずに楽しく教えてくれたので、どんどん理解出来る範囲が広がった気がします。特に図形の問題や線分図を自分で作成して解く文章題は得意になりました

小6の浜学園の最後の合否判定試験ではA判定も出るほどになり、親も自分自身もビックリでした。そのまま本番入試も合格。不真面目だった僕をここまで導いてくれたY先生に感謝です。先生にいただいた僕の似顔絵は宝物です。

合格

弱点を見抜いて克服させてくれた先生のおかげで、祖父と父の後輩になれました

兵庫県芦屋市 G・I君

合  格
関西大学第一中
受講科目
算数

僕の父は関学の中・高・大出身で、祖父も関学大出身ということで、小さい頃から関学の話をよく聞いていました。また、父に連れられ学校にも何度か遊びに行ったことがあり、自分もこのきれいな学校に通いたいと思いました。

僕は日能研に通っていましたが、国語がどうしても苦手で、カリキュラムテストでは点数は取れるものの実力テストは点数が安定せず、小6に入る頃になっても偏差値が47~48ぐらいでなかなか50を超えませんでした。ある日、父が「国語だけ家庭教師の先生に頼んでみるか」といって、総合進学セミナーに電話してくれました。来てくれたS先生は女の先生で、すごく元気な先生でした。僕の過去の模試の結果を見て、「オッケー、大丈夫」と笑ってくれたので、少し安心しました。

自分ではあまり気づいてなかったのですが、同じ長文でも文のタイプによって得点にばらつきがあることを先生に指摘されました。説明文や論説文での正答率はとても低かったのですが、物語文の正答率は高かったのです。国語全部に対して苦手意識を持っていたので、これが分かっただけでもなんとなく安心できました。そして、それからは毎回説明文の読み方と設問の解き方に重点を置いて演習を続けました。

おかげで、入試前には算数や理科よりも国語の方が偏差値が良くなっていました。苦手科目を克服して、気持ちに余裕を持って本番を迎えることが出来ました。

合格

塾なしでも同志社中に合格! 先生が授業のない日のカリキュラムまで考えてくれました

京都府長岡京市 K・Hさん

合  格
同志社中
受講科目
算数・理科・国語

私は九州出身で小5の終わりに関西に引っ越してきました。以前住んでいた所でも塾には通っていましたが、関西圏の受験事情は全く知りませんでした。今から大手進学塾に行っても、学習スピードや周りの環境に付いていけるか不安だったため、母がインターネットで家庭教師を探し、「総合進学セミナー」に相談してくれました。そして算数と理科はA先生、国語はE先生に来てもらうことになりました。

始めは毎回某塾の公開テストの過去問を宿題に出されました。母にも協力してもらって、時間を計って問題を解き、答え合わせまでするのが課題でした。そして、授業のとき先生にその間違い直しと解説をしてもらって、間違った問題の類題を何度もやりました。

夏休みが終わり、両親とA先生とE先生と私の5人で志望校について話し合って、同志社を目標にラスト半年を過ごすことになりました。それからは、A先生とE先生が家庭教師のない日の勉強カリキュラムまで考えてくれて、塾に行ってない私にはほんとに頼りになりました

受験の前日も二人の先生からお電話をいただき、緊張感をほぐしてもらいました。結果は合格。合格の報告に、A先生もE先生も私の両親より喜んでくれました。いい先生に出会えて幸せでした。

合格

先生の授業とプリントの面白さに引き込まれて、いつのまにか夢中で勉強するようになりました

京都府長岡京市 J・Iさん

合  格
立命館中
受講科目
算数・国語

立命館中学が今年、私の住む長岡京市に移転し新たな校舎が出来ると聞いていたので、是非その新しい校舎に通いたいという軽い気持ちで立命館中を志望していました。私は成基学園に通っていましたが、バレエなど他にも習いごとをしており、宿題もできず、授業で習ったことも1回復習したらそれでその週の勉強は終わっていました。そんないい加減な勉強をして成績が上がるわけもなく、みるみる落ちて、立命館なんて絶望的な成績にまでなりました。母に「どうするの?本当に立命館に行きたいの?」と言われ、受験までは大好きだったバレエをやめ、総合進学セミナーという家庭教師センターを友達に紹介してもらいました。

来てくれたN先生は40歳くらいの男の先生でしたが、授業が面白く解説も解りやすくて、勉強が楽しいと思えたのは初めてでした。また、毎回持ってきてくれる先生作成の独自の問題は、最近の出来事やお笑いネタなどがいつも入っていて、毎週楽しみにしていました。見事に先生のペースにはまった私は、自分からも進んで勉強が出来るようになっていました。最後までA判定は出ませんでしたが、結果は合格。N先生に出会えなかったら絶対あり得なかったと思います。

中学受験合格者インタビュー
医学部受験合格者インタビュー
資料請求・お問い合わせはこちら
ページトップへ